ビットコインマイナーストロングホールドは、6億ドルのIPOに約100万株を上場します

同社は、廃石炭をmineBitcoinの電力に変換することにより、永続的な電力リソースを利用しています。

ビットコインマイナーストロングホールドは、6億ドルのIPOに約100万株を上場します

米国のビットコインマイニングビジネスStrongholdDigital Miningは、Nasdaqで上場する約6万株を上場します。

ストロングホールドは、ティッカー「SDIG」の下で、5,882,352ドルから16ドルの間の価値のあるクラスA普通株式18株を上場する予定です。 通常の提案されたオファーレートを取ると、IPOは約100億ドルになります。

ペンシルベニア州ケナーデルに本拠を置くこの会社は、900月に証券取引委員会とNasdaq IPOの交換委員会に最初に提出しました。これは、来年の能力のほぼXNUMX%の成長に資金を提供します。 最後のシラバスは現在実際にSECに提出されていますが、まだ信頼できるものにはなりません。

Nasdaqによれば、Strongholdは、実際のIPOを介して公開される最初の北米の暗号通貨マイニングビジネスになる予定です。これは、現在著名なストレートリストや特別目的会社(SPAC)の方法とは異なります。

拠点とは、企業が提供の準備をするのを支援する専門家または仲介業者を提供することを意味します。これは、一般向けの30万の提供を強化するために、IPOレートで882,352株の追加株式を購入する5.8日間の代替手段です。公衆。

B. Riley Securities、IncとCowenが共同の本を運営する監督者として機能し、Tudor、Pickering、Holt&Coが主任監督者として機能します。

拠点は、シラバスによると、現在約3,000人のクリプトマイナーを運営し、ハッシュ価格能力が185秒あたり約2ペタハッシュ(PH / s)である「新興開発ビジネス」と定義しています。

3 PH / sを超える完全なハッシュ価格能力を備えた26,150人の鉱夫を追加することは、実際には2,500つのベンダーとの取り決めの一部になっていると述べています。 それらの72%の配信は、実際には今年配布用に設定されており、残りは2022年に提供されています。

記事を読む:  イーサリアム(ETH)の価格が3000ドルを下回らない理由はここにあります 

拠点とは、55,800人の鉱山労働者が実際に意図されているため、IPOの収益でより多くの機器を入手することを意味します。

関連する 米国の鉱山労働者は、廃炭を暗号通貨に再利用するために105億XNUMX万ドルを引き上げます

同社はペンシルベニア州に「スクラブグラスプラント」を所有し、運営しています。このプラントは、廃炭を直接電力に変換するため、実際には別の電力資源として認められています。 言及されたシラバス:

「私たちは力を生み出し、私たちの財産を持続可能な方法で取り扱うことに専念しています。また、私たちの会社は、生態学的に役立つ手順に集中している、最初の上下に組み込まれた暗号資産採掘会社のXNUMXつにすぎないと信じています。」

Binance取引所で暗号通貨を取引するすべてのトレーダーは、今後のことについて知りたがっています pump短期間で巨額の利益を上げるためにコインの価値を高めます。
この記事には手順が含まれています 次の「いつ、どのコインが参加するかを知る方法について」Pump」。 毎日、コミュニティ テレグラムチャンネル Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル 今後の「Pump」と成功した「Pumps」は、VIPコミュニティの主催者によって正常に完了しました。
これらの取引シグナルは、Telegramチャネルで公開されたコインを購入した後、わずか数時間で5%から45%の利益を得るのに役立ちます。Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル」。 これらのトレーディングシグナルを使用してすでに利益を上げていますか? そうでない場合は、試してみてください! 私たちはあなたに暗号通貨の取引で幸運を祈り、のVIPユーザーと同じ利益を受け取りたいと思っています Crypto Pump Signals for Binance Binanceチャネルの信号。
ジョン・レスリー/記事の著者

ジョンレスリーは、暗号通貨市場のテクニカル分析と予測を専門とする経験豊富なトレーダーです。 彼は、通貨、インデックス、コモディティなど、幅広い市場と資産で10年以上の経験があります。ジョンは、数百万のビューを持つ主要なフォーラムで人気のあるトピックの著者であり、クライアントと彼自身。

コメントを残す