ThorChainは「Chaosnet」操作で7.6万ドルを削減し、サイバーパンクに資金を返すための報奨金を提供します

ThorChainネットワークは、犯罪者が実際に7.6万ドルの暗号資産をスワイプしたと推定されるハッキングを手順が経験した後も、引き続き停止されています。

ThorChainは「Chaosnet」エクスプロイトで7.6万ドルを失い、ハッカーに資金を返すための報奨金を提供します

人気のあるクロスチェーン分散型取引所であるThorChainは、実際に数百万ドルの違反を経験しています。

損害の範囲に関する見積もりは異なり、ThorChainは、問題のボールパークとして13,000 ETH(25.1万ドル相当)が実際に4,000 ETH(約7.6万ドル)にスワイプされたという予備見積もりを変更しました。

ThorChainエリアの電報ネットワークでは、マネージャーは実際にタスクが個人のスワイプされた所有物をカバーするために必要な資金を持っていることを示唆しましたが、サイバーパンクが昆虫の賞金のためにスワイプされた資金を返すという選択を表明しました。

「財務省には盗まれた金額をカバーする資金がありますが、攻撃者はチームと連絡を取り、資金の返還と発見に見合った報奨金について話し合うように要請します」と、テレグラムの記事には、個別の資金が利用可能になると記載されています。問題にパッチが適用され、ネットワークが再開したとき。」

ThorChainは実際に、回復への最初のロードマップが進行中であることをツイートしたことを考慮しており、感受性がカバーされ、ネットワークが再アクティブ化された後、Etherは影響を受けた個人を補償するために流動性キャリアプールに確実に貢献することを明らかにしました。 そこから、グループはその合意を調査するために安全とセキュリティ会社を巻き込むつもりです。

この記事の執筆時点では、ThorChainネットワークは引き続き停止しています。

ブロックチェーンサイバーセキュリティ会社のHalbornSecurityは、ThorChainエリアに「AdvancePersistent Protection」の提案をまとめ、約XNUMX人の「ThorChainのすべてのアップグレードに損害を与えるように機能する正直な安全およびセキュリティ設計者」のグループを提供しています。

Thorchainは、XNUMX月に保護された「カオスネット」の立ち上げを開始し、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、およびバイナンスチェーンネットワーク間でのクロスチェーンスワップを促進しました。

DeFiWatchの創設者であるChrisBlec氏は、ThorChainの段階的な「上限の引き上げ」の立ち上げにより、実際にはさらに高い資金損失も阻止されたと述べています。

記事を読む:  XRP訴訟:リップルは、質問書の紛争においてSECに回避的でない対応を要求します

今日のストライキは、ThorChainがChaosnetの実装全体でサイバーパンクの標的にされたのは初めてではなく、先月、少なくとも140,000ドル相当の所有物を流した。

Binance取引所で暗号通貨を取引するすべてのトレーダーは、今後のことについて知りたがっています pump短期間で巨額の利益を上げるためにコインの価値を高めます。
この記事には手順が含まれています 次の「いつ、どのコインが参加するかを知る方法について」Pump」。 毎日、コミュニティ テレグラムチャンネル Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル 今後の「Pump」と成功した「Pumps」は、VIPコミュニティの主催者によって正常に完了しました。
これらの取引シグナルは、Telegramチャネルで公開されたコインを購入した後、わずか数時間で20%から150%の利益を得るのに役立ちます。Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル」。 これらのトレーディングシグナルを使用してすでに利益を上げていますか? そうでない場合は、試してみてください! 私たちはあなたに暗号通貨の取引で幸運を祈り、のVIPユーザーと同じ利益を受け取りたいと思っています Crypto Pump Signals for Binance Binanceチャネルの信号。 例を見ることができます このページ!
ジョン・レスリー/記事の著者

ジョンレスリーは、暗号通貨市場のテクニカル分析と予測を専門とする経験豊富なトレーダーです。 彼は、通貨、インデックス、コモディティなど、幅広い市場と資産で10年以上の経験があります。ジョンは、数百万のビューを持つ主要なフォーラムで人気のあるトピックの著者であり、クライアントと彼自身。

コメントを残す