ブロックチェーンノード:リソースを収益化し、暗号の成長に貢献する

免責事項:インダストリートークエリアには、暗号市場のゲーマーによる洞察が含まれており、Cryptonewscomの編集資料の一部ではありません。

ブロックチェーンノード

ブロックチェーンノードは、ネットワーク内での相互作用を可能にするため、ピアツーピア機能の基本的な部分です。 これらは、ネットワークへの関与を可能にすることにより、ブロックチェーン環境の分散型の性質をサポートするために作成されています。 本質的に、必要なリソースを満たすノードを確立することで、誰でもブロックチェーンネットワークに追加できます。

ノードはブロックチェーンネットワークにテープで記録された情報の完全なコピーを保持し、より多くのノードバリデーターがネットワークにサインアップするにつれて合意を制御することを困難にします。 コアとなるブロックチェーンノードにより、ユーザーは取引の検証、ネットワーク契約への参加、新しいブロックの組み込みなどの機能を実行できます。

彼らの価値のある提案によれば、ブロックチェーンノードは、暗号環境を橋渡しするリンクされた「コンピューター」のネットワークと見なすことができます。 簡単に言えば、ノードは、チェーン上にテープで記録される情報の精度に責任があります。 これにより、それらはブロックチェーンネットワークの中心に置かれ、分散化を維持する上でかなりの機能を果たします。

暗号の分散化におけるブロックチェーンノードの役割

従来の資金調達とは異なり、暗号は分散型アーキテクチャ上に構築されています。 これは、多くの場合、金銭的な仲介者となる中央のお祝いではなく、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨をサポートするネットワークを多数の人々が運営していることを示唆しています。 この分散型機能を維持するために、ブロックチェーンノードはネットワークバリデーターとして実行されます。その機能は、環境が正常に分散型で機能することを保証することです。

特に、暗号環境でノードバリデーターになることにはいくつかの利点があります。 これらの一部は、特定のブロックチェーンノードチャネルを通過する取引に基づく特典インセンティブで構成されています。 これらの取り組みは、暗号がまだ初期段階にあるため、より多くのノードバリデーターを取り込むために作成されています。 さらに、ノードバリデーターは、ビットコインなどのブロックチェーンネットワークの状態を監視する機会があり、最終的にはデジタル所有率を示します。

そうは言っても、暗号のノードバリデーターになる可能性はたくさんあります。 ローンチした最初のビットコインのブロックチェーンは、現在、12,900以上のノードでサポートされていますが、イーサリアムには、プレス時から8,300以上のアクティブノードがあります。 他の分散型ファイナンス(DeFi)固有のニッチなタスクも実際に同様に明らかになり、最終的にノードバリデーターになるためのよりスムーズな方法を提供します。

記事を読む:  中国のグローバルビットコインハッシュレートは取り締まり前に減少していました

ノードバリデーターになるための要件は何ですか?

前に指摘したように、完全または軽量のブロックチェーンノードを実行する前に、いくつかの要件を満たす必要があります。 後者の種類のノードプロシージャは、より迅速に処理します。 それらは、特定のブロックチェーンネットワークにテープで記録された情報のほんの一部を保持します。

ビットコインなどのネットワークの場合、最終的にノードバリデーターになる手順は、かなり高価でリソースを大量に消費します。 これは、実際に堅牢なデバイスと高性能SSD、50 GBを超える無料領域、およびクイックWebを組み合わせる必要があるためです。

幸いなことに、市場には、潜在的な顧客が魅力的なタスクでノードバリデーターになる可能性が高くなっています。 現在、ノードバリデーターになるためのシンプルで収益性の高い方法を含むいくつかの取り組みは、CelerのcBridgeおよびMinimaブロックチェーン手順で構成されています。 次の領域は、どちらの環境でもノードバリデーターになる方法を示しています。

1.CelercBridge

セレルcBridgeはのアイテムです Celerネットワーク ブロックチェーン手順全体で価値のある転送を促進するために作成されました。 ブリッジは、イーサリアムなどのレイヤー1ブロックチェーンネットワークと、アービトラム、オプティミスティック、およびセラーロールアップで構成されるレイヤー2ネットワークをリンクします。CelercBridgeは、マルチホーミングと呼ばれる方法を利用します。暗号で。

将来のブロックチェーンノードバリデーターは、パフォーマンスを向上させるノードを確立することにより、cBridgeネットワークに参加できます。 この手順では、実際にはブリッジ取引の下限が40%ですが、cBridgeノードバリデーターは収益分配の50%を取得します。 1,000,000ドルの取引が決済されたとすると、cBridgeノードバリデーターは4,000ドルもの粗利益を上げることができます。

2.最小

ミニマ は、ユーザーがブロックチェーンノードの完全な契約と確認を実行できるもうXNUMXつの暗号環境です。 この超スリムなブロックチェーン手順は、IoTガジェットをブロックチェーンの世界に組み込むことに重点を置いており、暗号ユーザーがスマートデバイスで構成される電子ギズモからノードを実行できるようにします。 そうすることで、より多くのノードバリデーターがネットワークにすばやくサインアップできるため、この手順は分散化のレベルを上げることを目的としています。

さらに、Minimaには、ノード検証者に毎日1xMinimaコインを報酬として与える報酬プログラムも含まれています。 これらのメリットは、毎週ノードバリデーターにクレジットされます。 プレス時の時点で、Minimaノード確認プログラムは、推奨のウェルカムまたは順番待ちリストへのサインアップを通じて提供されます。

記事を読む:  KENZOトークンが400ホルダーを超える

サマリー

暗号環境は現在、その分散型アーキテクチャと世界中のどこからでも簡単に参加できる機会によって指定されています。 この分散型要素の大部分はブロックチェーンノードによってサポートされており、市場全体の重要な部分となっています。 誰でもブロックチェーンノードを確立できることを考えると、市場は最終的にさらに分散化されることに自信を持っています。

ただし、ビットコインまたはイーサリアムでブロックチェーンノードを実行するのは面倒な場合があることを覚えておくことが同様に重要です。 この欠点は、ノードバリデーターを含む他のブロックチェーンの取り組みをチェックするのにかなりの困難またはチャンスと見なすことができます。 さらに、これらの今後のブロックチェーンタスクのいくつかは、ネットワークへの関与に対する賢明な利益インセンティブを含めるために、さらに上を行きます。

継続的なパターンに従って、暗号ユーザーと潜在的な市場参入者は、ユーザーがブロックチェーンノードを迅速に確立することを可能にする環境にピボットする可能性があります。 これは、cBridgeやMinimaなどのアプローチタスクの分散化のレベルが急速に高まる準備ができていることを示唆しています。 とは言うものの、暗号環境はまだ初期段階にあり、利害関係者がノード確認の価値のある提案を完全に理解するまでに少し時間がかかる可能性があります。

Binance取引所で暗号通貨を取引するすべてのトレーダーは、今後のことについて知りたがっています pump短期間で巨額の利益を上げるためにコインの価値を高めます。
この記事には手順が含まれています 次の「いつ、どのコインが参加するかを知る方法について」Pump」。 毎日、コミュニティ テレグラムチャンネル Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル 今後の「Pump」と成功した「Pumps」は、VIPコミュニティの主催者によって正常に完了しました。
これらの取引シグナルは、Telegramチャネルで公開されたコインを購入した後、わずか数時間で20%から150%の利益を得るのに役立ちます。Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル」。 これらのトレーディングシグナルを使用してすでに利益を上げていますか? そうでない場合は、試してみてください! 私たちはあなたに暗号通貨の取引で幸運を祈り、のVIPユーザーと同じ利益を受け取りたいと思っています Crypto Pump Signals for Binance Binanceチャネルの信号。 例を見ることができます このページ!
ジョン・レスリー/記事の著者

ジョンレスリーは、暗号通貨市場のテクニカル分析と予測を専門とする経験豊富なトレーダーです。 彼は、通貨、インデックス、コモディティなど、幅広い市場と資産で10年以上の経験があります。ジョンは、数百万のビューを持つ主要なフォーラムで人気のあるトピックの著者であり、クライアントと彼自身。

コメントを残す