警察は「USD60M」暗号「詐欺」についての詳細を明らかにします

警察は「USD60M」暗号「詐欺」101についての詳細を明らかにします

15,000人から20,000人の主に中年の金融業者を吸収した可能性のある、確認された日本の暗号詐欺に関するさらなる情報が生じています。

報道によると、愛知県の警官は、 OZプロジェクト 警官が4人の男性を拘束した後、詐欺の背後にある首謀者であると考えられました。

首謀者は石田翔二(59)と思われる。 そして、Chunichiによると、警察のリソースは、石田が2017年の春にキャンペーンを最初に導入したことを知っていると述べています。彼はおそらく、日本のさまざまな場所で潜在的な金融業者のための「セミナー」を開催するために「認定インストラクター」を取得し始めました。イニシアチブはさらに、OZプロジェクトのAIを利用したトレーディングクローラーを利用して2.5倍の収益を予測するように通知された雇用金融業者を支援しました。

メディアのコンセントは実際に、会社を買収するためにだまされた可能性のあるさまざまな個人のさまざまなアカウントをリリースしました。毎日は15,000、朝日は20,000を指定しています。 しかし、ほとんどの人は、59万米ドルから60万米ドル相当の資本家資金が危険にさらされているように見えることに同意しています。

警察は実際に日本のメディアに、OZプロジェクトは完全に「架空」であり、OZファクタートークンの周りの施設もあると伝えています。これは金銭的価値がないようです。 役員保険は、仕事がブロックチェーンネットワークを持っているようには見えないと主張しています-テストされた暗号フレーバーのリップオフの中で典型的な機能 OneCoin 仕事。

2017年XNUMX月、警察は、石田容疑者が教師を購入して、その仕事に関して実際に作成した記事やブログサイトを削除しました。

しかし、実際にはさまざまな民事訴訟が提起されていますが、その仕事は実際に行われているように見えます。

推定首謀者は全員サラリーマンと呼ばれ、チームの最古の61歳の3歳は、明らかに(別の毎日の短い記事によると)公開の危機に瀕したXNUMX人の被害者を脅迫しようとしました。サードパーティとの慎重な遵守:

記事を読む:  XRP訴訟:さらに別の封印のためのリップルファイル

東海テレビは、警察の保険は、実際には海外の口座に資金が支払われたと主張しているが、まだ検討中であると報告しているが、確認された目標の多くは明らかに「50代の男性と女性」である。

東京ウェブは、50年2017月には早くも仕事が「詐欺的」であると実際に認識し、それ以来資金を回収するためのイニシアチブに実際に関連していたことを明記した機密の「XNUMX代のカップル」の見積もりを引用しました。 想定される首謀者の一部は、彼らも実際に「欺瞞」の被害者であったと宣言することによって、実際に香りから金融業者を投げ出そうとしたように見えました。

OZの幹部は、AIを活用した取引が「90%」成功した重要な「シンガポールベースの暗号通貨取引所」によって、彼らの仕事が支援され、「監督」されていると主張したと思われます。

Binance取引所で暗号通貨を取引するすべてのトレーダーは、今後のことについて知りたがっています pump短期間で巨額の利益を上げるためにコインの価値を高めます。
この記事には手順が含まれています 次の「いつ、どのコインが参加するかを知る方法について」Pump」。 毎日、コミュニティ テレグラムチャンネル Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル 今後の「Pump」と成功した「Pumps」は、VIPコミュニティの主催者によって正常に完了しました。
これらの取引シグナルは、Telegramチャネルで公開されたコインを購入した後、わずか数時間で20%から150%の利益を得るのに役立ちます。Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル」。 これらのトレーディングシグナルを使用してすでに利益を上げていますか? そうでない場合は、試してみてください! 私たちはあなたに暗号通貨の取引で幸運を祈り、のVIPユーザーと同じ利益を受け取りたいと思っています Crypto Pump Signals for Binance Binanceチャネルの信号。 例を見ることができます このページ!

ジョン・レスリー/記事の著者

ジョンレスリーは、暗号通貨市場のテクニカル分析と予測を専門とする経験豊富なトレーダーです。 彼は、通貨、インデックス、コモディティなど、幅広い市場と資産で10年以上の経験があります。ジョンは、数百万のビューを持つ主要なフォーラムで人気のあるトピックの著者であり、クライアントと彼自身。

コメントを残す