インドの元財務長官は、プライベート暗号通貨の禁止は不適切に表現されている可能性があると述べています

インドの元財務長官は、プライベート暗号通貨の禁止は不適切に表現されている可能性があると述べています

インド '’ ■元財務長官は実際に暗号通貨のコストの性質について質問を落とし、「“ プライベート暗号通貨の禁止」”コストで誤解されている可能性があります。

インドの性質 '’ 提案された暗号法案は、フレージングが確実にプライベート暗号通貨を残す方法に関する問題を引き起こしました。 「“ The Cryptocurrency and also Regulation of(*」)2021”というラベルの付いた議論の余地のあるコストに関する立法上の会話これまでのところ、公式デジタル通貨法案はガイドラインに有利であると見なされてきましたが、それにもかかわらず、暗号通貨コストの要約の特定の言い回しは、実際には、cryptocurrency.privatecryptocurrencyを構成するものに隣接する問題を引き起こしました

法案は、XNUMX月中の数日中に提示され、次のように述べています。

To ofReserve Bankによってリリースされる主要な電子マネーの開発のための促進構造を開発するインドはさらに、すべてのビル暗号通貨をプライベートで禁止することを目指していますが、それにもかかわらず、特定の免除がインドの基礎となる現代技術とその使用法を宣伝することを可能にします」”暗号通貨と地域情報ネットワークとの会議、

お金で 元秘書が片付けた:India Subhash Garg "“ これはおそらく失敗だったと思います。

あなたもすべての費用を設定しているわけではありません、暗号通貨が確実に禁止されるとき、そしてまたそれについて連邦政府を親密にすることは間違っています。 民間の場合、連邦政府は利害関係者や暗号通貨の金融業者と検討し、その後費用を発生させる必要があります。理想的には以下が含まれます。

彼女"

はまったく新しい最新のテクノロジーであり、連邦政府であろうとこの市場であろうと、実際には誰もそれを完全に認識していません。 何かのようにプライベートであり、将来的にかなりの容量を持つブロックチェーンの最新テクノロジーも、広範囲にわたって検討する必要があります。 暗号通貨、Then '’を覚えて選択することができますsメリット。」”インドでは「“

” 多くの民間企業が現実を提起し、その後イーサリアムが公然と取引された後、ビットコインはXNUMX月ではなく公共のコインと見なされるため、暗号通貨のコストは確かに連邦政府によるより高い解釈が必要になります。 プライベートブランド-新品

記事を読む:  グローバルウォッチドッグは、ステーブルコイン、ピアツーピアトランザクション、およびDeFiの取り締まりを求めています

は本日、House.Cabinetからの承認後、新しい暗号通貨のコストが確実に財務大臣NirmalaSitharamanに提示されることを確認しました。

免責事項の記述は、教育機能にのみ参加します。 これは、合法、納税義務、金融投資、金銭、またはその他のさまざまな提案として使用されたり、使用される予定はありません。

Binance取引所で暗号通貨を取引するすべてのトレーダーは、今後のことについて知りたがっています pump短期間で巨額の利益を上げるためにコインの価値を高めます。
この記事には手順が含まれています 次の「いつ、どのコインが参加するかを知る方法について」Pump」。 毎日、コミュニティ テレグラムチャンネル Crypto Pump Signals for Binance Binanceのシグナル 今後の「Pump」と成功した「Pumps」は、VIPコミュニティの主催者によって正常に完了しました。
ビデオを見る 今後の暗号通貨について知る方法 pump 莫大な利益を上げます.
これらのトレーディングシグナルは、テレグラムチャネルで公開されたコインを購入してからわずか数時間で莫大な利益を得るのに役立ちます。これらのトレーディングシグナルを使用してすでに利益を上げていますか? そうでない場合は、試してみてください!暗号通貨の取引で幸運を祈り、VIP加入者と同じ利益を受け取りたいと思います Crypto Pump Signals for Binance Binanceチャネルの信号。
ジョン・レスリー/記事の著者

ジョンレスリーは、暗号通貨市場のテクニカル分析と予測を専門とする経験豊富なトレーダーです。 彼は、通貨、インデックス、コモディティなど、幅広い市場と資産で10年以上の経験があります。ジョンは、数百万のビューを持つ主要なフォーラムで人気のあるトピックの著者であり、クライアントと彼自身。

コメントを残す